読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daily record

大学生が日々の生活で気づいたこと,考えたことを書いていこうというブログです。

「報復」について考えた

『あの人は悪いことをしたのだから、罰を受けて当然』

『あの人は自分に嫌なことをしたのだから、失礼なこと、ひどいことをしてもいい』

 

この考え方に対して、考える機会があったので考えた。

 

これを言語化していないにしても、この考えに沿った行動をしている人は多いはずだ。

 

かくいう私も、これに即した行動をしていた。

この事実を自覚して、受け入れるだけでも時間が掛かったが、そうだった。

 

そして、私が「相手のことをおもいやることのできて、自己犠牲してまで相手のためになることをしている」と思っていた人でさえ、この考えに沿った行動をしていた。

 

おそらく、人間の本能にプログラムされている反応なのかもしれない。

 

それでも、この考えについて少し考えたいと思うような出来事があった。(1つではなくて、いろいろな出来事があった)

 

相手がそういう考えでいるのは仕方がない。

 

そこではなくて、自分がこの考えでいることに対して考えた。

 

自分が他人からネガティブなことをされたから、それをやりかえすって、単純すぎて醜いと感じた。

 

時間の無駄だとも。

 

それが人間だ、それを受け入れなければ、っていう考えも自分の中にあるけど、だけど、それでも考えたくなった。

 

(こういうこと考える人間はめんどくさいということも理解してる。それでもって。)

 

僕はある人にいろいろされた。(ざっくりすぎてすいません)

 

だけど、僕もその人に対していろいろした。

 

その「いろいろ」の中に含まれる行動1つ1つに客観的で絶対的な点数がついているのなら、どちらが正義で、どちらが悪なのかっていうのがはっきりするのかもしれない。

 

だけど現実は、行動に絶対的な点数なんてついてない。

絶対的な評価なんてついてない。

相対的な評価、時代的文脈に依存している評価は存在しているけれど。

 

だからこそ、考えようと思った。

 

僕は確かに相手を傷つけることをした。

そして、相手もその行為に対して僕を傷つけることを(陰湿な形で)した。

それに対して、僕は耐えた。無言で。

 

それからほぼ1年後。

突然、相手から謝罪の連絡がきた。

そして、友達としてつきあえたら嬉しいとも。

一方的に。

 

かなり戸惑った。

どうしたらいいのか分からなくなった。

 

いろいろな感情が渦巻いた。

「驚き」「喜び」「疑い」「自責」

長い時間をかけて整理してきた気持ちが一気に崩れかけた。

乱れた。混乱した。

 

連絡にある返信をして、相手に気を遣うつもりで「※返信不要」と打って送った。

 

こっちが考えすぎてるだけかもしれない。

おそらくそうなのだろう。

 

本当にいろいろ考えた。

相手は計算して、僕との関係を(形だけ)修復しようとしているのではないか

 

もしそうだったら、騙されてる。

やられるなら、やり返してやる。

そう思った。

ってか、そう思うのが正常で生きていく上で大切な事なのかも知れない。

 

もっと冷静に考えると答えは出るのかも知れない。

 

答えを出したつもりだったが、答えでてないな。

 

とりあえず、明日は山に登ることにした。