読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daily record

大学生が日々の生活で気づいたこと,考えたことを書いていこうというブログです。

夢分析

夢を見た。

これを書いているうちに内容はどんどん消えていっているが、覚えている範囲で記録していく。

 

(この前にも長いストーリーの夢をみていたが、既に覚えていない。元彼女が出てきたのは覚えている。これから記録するのは夢の終わりの方)

 

『家族と家の食卓で食事をしていた。

何か自分の思うとおりにいかなくて、いじけていた。

僕は食事に手をつけずに、席を立った。

母親に「食べなくていいの?」と聞かれたが、それも無視した。

椅子を足で蹴ってもどした。

そのまま2階の子ども部屋に行き、布団をしいて布団に入った。

そしたらすぐに、下から姉がやってきて布団をはいだ。

その時に僕は、泣き喚いた。

なんて言ったか覚えてはいないが、この布団から出たくない、という感情だった。』

 (この後も夢は続くが、よく覚えていない。)

 

以下、夢(自己)分析・・・

 

・「家族と家の食卓で食事をしていた」→家族への依存心

・「何か思うとおりにいかなくて、いじけていた。僕は食事に手をつけずに、席を立った。」→甘え。言いたいことを言語化していない。

・「母親に「食べなくていいの?」と聞かれたが、それも無視した。」→態度で自分の不機嫌さを表現している。

・「椅子を足で蹴ってもどした。」→(自分の思うようにことが進まないことに対する)不服感の表れ

 ・「布団をしいて布団に入った。」→現実逃避

・「泣き喚いた。なんて言ったか覚えてはいないが、この布団から出たくない、という感情だった。」→これ以上、現実で苦しみたくないという気持ち

 

以上。

 

この夢が何を表しているか。

1つは、自分自身の性格や、心理状態を表しているのだと思う。

もう1つは、昨日指導した生徒の状態をそのまま表現していたので、昨日指導した生徒の、言動を夢の中で追体験することで、その生徒の心理状態を感じることができた、とも考えられる。

 

いずれにせよ、この夢で得られたものは、これからの(自分自身、生徒自身の)問題解決の糸口になるのではないかと考えている。感じている。

 

ユング視点からの夢分析を行おうと思ったが、出典の怪しいものしかネットにはなかったので、近いうちにユングの夢占いの本なり、論文なりを見つけてこようと思う。